とにかく運動!は難しい・・・

私は小さいころから周りの子と比べて小柄であり、一切太っているという印象はありませんでした。中学・高校とバスケットボール部に所属し、比較的厳しい練習環境を乗り越えていたために、いくらでも好きなものを食べても全く太るということには縁がありませんでした。家族の中には、ちょっと太っているほうかなと思われる人もいましたが、父は細身だったために、自分の家族は男は太らない家系なのか、と思いながら過ごしていました。

そして大学に入学すると同時に実家を出て、スポーツも一切行わなくなりました。そして飲み会などにも参加する機会が増えてきたころ、自分の体にある異変を感じました。それは、かがむときにお腹が何重にも重なる感覚を覚えたのです。小さいころから体重計は健康診断以外使っておらず、大学に入ってからは一切乗っていませんでした。しかしさすがに自分の体重が気になり、友人の体重計を借りたところ、人生で最も重かった体重よりも20キロも上回っている数字を見たときは、驚愕とショックの心境でいっぱいでした。まさか自分もこうなるときがくるとは。。

このままの生活を続けると、さすがに体に良くないと考え、昔のようにスポーツの日々に戻すことにしました。そこで始めた競技はもちろんバスケットボールです。頭ではわかっていても、それを実現する体が付いてきておらず、全く満足のいくプレーをすることができませんでした。

そしてもどかしい気持ちでいっぱいになり、バスケットボールを続けることは断念しました。しかし一回崩れてしまった食生活は元に戻すことができず、自炊もしていなかった私はこれまで通りの食生活を続けながら体重を減らしていく方法ばかりを考えていました。やはり運動が必須ということは分かっていたので、脂肪が減らすことができるという有酸素運動を本格的に始めることとしました。自分自身を追い込むために一人前のランニングシューズを購入し、また同じようなことを考えていた友人に声をかけ、一緒に毎日少しでも走ることにしました。

最初は友人と話しながら走ることに楽しさを感じるぐらいで、全く苦ではありませんでした。むしろ疲れたときは休憩をしたり、次の日に回したりと、継続させることを前提にストレスを感じない程度で走っていました。それが2週間も続くと、さすがに楽しいとは思うことができず、お互い嫌々走るようになり、アルバイトや勉強などを理由に走らない日も徐々に出てきました。それでもせっかくここまで続けたのだら、と自分自身を震い立たせ、目標としていた一か月を終え体重を確認すると、痩せているどころか少し増えている、、というとてつもないショックを覚えました。それからは食生活を見直すこととし、今では人並みの体型に戻っていると思っています。。